プレシオ国際特許事務所で行われた所内実務研修の概略を紹介します。

◆外部研修会からの学び報告
外部の各種研修会に参加したメンバーが、自分が学んだことに基づき、
実務に反映できそうなことを他のメンバーにレクチャーする研修会です。

タイトル:ライセンス料を獲得するための実務について
発表者:弁理士 右田俊介

概要:
特許権に基づくライセンス料を獲得するための実務に関するセミナーを聴講
し、その内容を所内に伝達した。
具体的には以下の内容。
(1)明細書やクレームの記載と中間処理に関する日常の実務におけるノウ
ハウ
(2)競合他社の開発傾向を予測する方法や、特許公報以外の文献の調査
方法
所内実務研修では、セミナー内容の伝達に加え、参加者間でのディスカッ
ションを経て、実務に反映すべき事項を検討した。

参加者の声:
これまでは、明細担当の立場としてライセンス料の獲得をあまり意識してい
なかったが、この研修に参加して、明細書の作成の際にも意識するようにな
り参考になった(S)。
・企業である顧客の出願、中間処理を、企業間で行われるライセンス契約の
実務を知って、行うことは重要と思えました(根)。
・真の意味で役に立つ特許とは何かを考える良い機会となりました(綾)。


プレシオ国際特許事務所